[事例]
アクセサリー店を営んでいたDさん。2号店の出店を考えていたところ、知り合いからインターネットでネット販売してはどうかと提案されました。人気のオリジナルアクセサリーのネーミングは店名(社名)と同じ。お店の宣伝にもなると思い、早速ネットショップを立ち上げて通信販売を開始しました。
 
ネットショップ開業から数ヶ月、SEO対策、リスティング広告、メールマガジン、アフィリエイト、ブログやソーシャルメディアの活用など…ネットショップを作成してもらったホームページ制作会社からの提案やアドバイスは実に的確で、実店舗とネットショップとの相乗効果も相まって大きな売上を達成することができたのです!
 
ネットショップ成功に満足していたある日、他会社からいきなり内容証明郵便で警告書が送られてきました。びっくりして読んでみると、なんと、その会社が同じようなネーミングでアクセサリーについて既に商標登録していたのです…!

[このような商標にまつわるトラブルを避けるために]
ネットショップなどでインターネットによる通信販売を行う場合も、商標登録が重要になります。
 
インターネットで宣伝を流せば世界中に発信されますので、商標権侵害と言われる可能性は、地域内で小規模に商売していたときよりも格段に高くなります。
 
ホームページを制作される場合、また、既にネットショップを開業している場合にも、他人の商標権を侵害しないか/していないか商標調査を行い、商標登録出願の必要性について検討することをお勧め致します。
 
 
詳しくは あいぎ特許事務所 の 商標登録サイトをご覧ください。