意匠診断

"技術は特許で守る" -こんな考えに凝り固まっていませんか?

いつも広くて強い特許権が取得できているのであれば、特許だけで技術を守れば十分かもしれません。 しかし、こんな場面に直面したことがありませんか?

  • 先行技術との関係で狭いクレームになった…
  • クレームの文言解釈で争いになりそう…
  • ぎりぎりで特許できたけど無効審判かけられたら心配…
  • 早期に模倣品排除の対策を取りたい…

こんなときは意匠権の出番です。

意匠イメージ

意匠権の利点を活かすには考えるべきことがたくさんあり、やり方がまずいとかえって自社の不利益になる権利になってしまうこともあります。
あいぎ特許事務所では、下記のような疑問を持たれているお客さまに、意匠診断サービスをご提供させていただいています。

  • そもそも自社製品のうちどれに意匠権を取得すると効果がありそうなのかを判断できない…
  • 自社分野では製品のどのポイントに着目して意匠権を取得すればいいのかわからない…
  • 意匠法特有の制度のうちどれを使えば効果的かわからない…
  •  特許との兼合いで有効な意匠権を取得するには何を考慮すべきかわからない……
 等。
意匠診断サービスでは、
  • 貴社業務の中で意匠権が使えそうな製品があるか否かを診断いたします。
  • ムリヤリな特許より意匠の方が効果的かつ安価な権利を取れるポイントがないか否かを診断いたします。

※公共交通機関利用で名古屋駅より30分程度の範囲であれば、出張して診断いたします。郵送等にかかる手間を省けます。

○ご要望に応じ、診断結果に基づいて、意匠調査を承ります。

  • その"意匠"を使用したら他社の権利を侵害しないか否か確認したい。
  • その"意匠"を出願したとしたら、登録されそうか否か確認したい。

詳しくは「意匠調査」をご覧ください。

特許で製品を守ろうと思っても、既存の先行技術との関係から、狭い権利しか得られない場合があります。そのような場合でも、特許権を取得するまでには少なくとも約70~80万円程度の費用が必要となりますが、同じ費用をかけるなら、意匠の方が広い権利を得られる場合が結構あります。
また、あっという間に出回る模倣品・類似品に素早く対処したいのであれば、特許より意匠の方が権利取得までの期間が短いので、実質的に有効なことが多いです。特許の3分の1程度の費用で意匠権を取得することができることを考慮すると、早期の模倣品・類似品対策としてはかなりお得です。

一方、意匠権の利点を活かすには考えるべきことがたくさんあり、やり方が不味いとかえって自社の不利益になる権利になってしまうこともあります。
貴社事業の中で意匠の利点を活かす方策について、意匠診断してみませんか?

お問合せはこちら