毎年7月1日に、ドクガクくん(@benrishikoza)にお誘いいただく「弁理士の日記念ブログ企画」に参加させていただいていたのですが、去年2018年は忙しさにてんてこ舞いしていて、気づいたときには  なんと!弁理士の日が嵐のように過ぎ去った後でした… orz

今年2019年は、とても心配になったのであろうドクガクくんから reminderをもらったので、こうして忘れずに書いております(笑)。

 

今年のお題は「知財業界での初体験」。

知財業界での初体験はいろいろありますけど…

・特許の明細書でしか見たことない、レアな言い回しとか(嵌合する、係止する、軸支する…などなど)、
・知財業界でしか通用しない業界用語とか(年金管理、願番、クレーム…などなど)、
・それまで経験したことないような、無口な職場環境とか(背中合わせで座ってるのに、メールで議論し始めたときは、マジびっくりした…)
・明細書必死こいて書き上げるのに連続徹夜したこととか(死んだ…)、

 

まあ、いろいろありますが、わたし的には、これ一択です。

女性であることが全くといっていいほどハンデにならない、
ちょーラッキーな業界

であることがわかったこと。

 

まあそもそも、『女性であることがハンデである』こと自体、おかしいのですが…
でも、日本は、その点において、サードワールドより遅れた社会であることは、皆さまご存知のとおり。わたしも前職では、面と向かって『小娘のくせに』的な扱いをされたことがあります。

 

ですが、知財業界に入ってからというものの、
女性であるということで、不快な思いをしたことは、(覚えている限り)一度もございません

 

単に、私の周りの環境がよいだけなのでしょうか…???

しかし、これね、単に、知財業界は(世間的に)高学歴のヒトばかりだから…ってことではないんですよね。
だって、ど-しよーもないクソオヤジ的な弁護士さんって結構いますもん。件のセクハラ財務次官だってそうですよね!?

 

また、海外の代理人(特に東南アジアの代理人)は、女性比率ってかなり高いですよね。

全世界的に、知財業界は、女性にとって働きやすい環境なのか?

それだったら嬉しいですね!

 

とはいえ、日本の弁理士に限っていえば、女性比率はずっと15%前後をウロウロ
なんで増えないのかな?

 

女性の皆さん!!!

知財業界はとっても働きやすいので、どしどし入ってきてください~

 

 

 

以上、弁理士の日記念ブログ企画 にちなんで書いてみました。